読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったり金魚園

主にタロット、その他諸々趣味のまったり日記

タロットからもプレッシャー

今日のワンオラクルタロットは「ワンドの3」正位置です。
昨日の「ワンドの2」正位置に続いて!

これはなんだ?なんなんだ?

先週は月曜から金曜までカップのカードしか出なかったんだけど。。。

とりあえず順番に見ていくと。
ワンドの2は願望成就や支配、個の力や大胆さ、独創性といった意味。
他の人が思い付かないようなことをして、実力を発揮するってことかな。
更にワンドの3はリーダーシップや先見の明、新たな旅立と言った意味です。

なんとなく、仕事関係に作用してきそうなカード達。

そしたら、そ、そんな筈じゃ。。。な事に。

個人的にはそっとしておいてほしいんです。
出世など望んでおりません。
己の力量は自分が一番よく知っております。
私は頭も良くないし、リーダーシップとはかけ離れたタイプです。

なのに。なのに。。。。

確かに長いこと今の仕事をしているし、小さい会社なので何でもやってきたおかげで、ある程度知識はあります。
でも理解力は悪いし頭の回転は遅いし、私よりも適任者は他に沢山。。。

何だか私の関知しないところで御神輿が作られ、無理矢理乗っけられつつある感じです。

タロットは頑張れ!と言ってくれてるみたいだけど。。。気が重い。

でも、頑張ろうね、と言ってくれる人がいるから裏切られ無いし。

何かまた、ストレス性の物忘れが加速しそうな予感(白目)

相愛の影で

今日のワンオラクルタロットは「カップの2」正位置です。

相思相愛のカード。

自分の場合、成就したステディな相手も、ましてや発展途上中の相手もおらんから、仕事関係の人脈で協力が深まるということかな。

ただこのカード、特定の人と仲良くなることで、その他の人と不和になる可能性も示唆しているんだとか。

恋人同士でも有りがちですが、職場の人間関係もそういう面はありますね。
○○部長派か、△△部長派か、といった派閥争いや、
卑近な所だと、あの上司、あの同僚が好きじゃないとか。
同じ会社で同じ仕事してるんだから、いがみ合ってどうするんだよ。。。と思います。

以前何かのテレビで、好きな人と親密になるには「共通の敵」を作ることだとお話していた女芸人さんがおりました。

残念ながら、それは一理あることではあります。

皆が特定の人の悪口を言っている時に、それは違う、そういうの止めなよ、という人は空気が読めない、コミュニケーション力が低い、とされる向きもあるそうです。

でもねえ。。。

個人的には、悪口を言ったらブサイクになる、と思っております。
悪口1つにつきシワやシミが1つ増え、顔も歪むんだきっと(※個人の感想です)
悪口を言ってる時の人の顔って、笑ってても怒ってても怖いですし。

とはいえ相性ってものがありますから、どうしても苦手な人や合わない人と積極的に付き合うことはないと思います。
なので、本当にコミュニケーション能力が高いのは、
相手に合わせて悪口を言う人ではなく、程よい距離感を保てる人だと思います。

その距離感が難しいんだけどね。

広告を非表示にする

そこが底

今日のワンオラクルタロットは「ソードの10」逆位置。

正位置の場合、破滅や犠牲の意味になります。
でもポジティブに考えると、今が底だから後は上がるだけだぜ!という見方も出来ますね。
私の使っているカードは、海に向かって全身を剣で貫かれた女性が立っている絵です。
でも海は今まさに水平線から日が昇ろうとしているところ。
とても苦しい時期だけど、希望が見え始めている時ってことかな。

しかし今回は逆位置なので、反対の意味。
逆転や好転、苦境からの脱出とな。

そういうことで、なんとなく好転を感じつつ一日を過ごしました。
まあホント些細な事で、タロットの啓示がなければ見過ごしてしまい、

今日も相変わらずだったなぁ。

と忘れてしまいそうな程のささやかな事なんだけど。

事前に知っていたため、これか!とちょっと幸せになりました♪

今後の課題は、これか!と思ったらグイグイ掴みにいって、より大きな成果をあげることかな(*^^*)

広告を非表示にする

やる気の無い買い物

肌ケア用のボディローションが切れかかっているので、そろそろ買わないとなー、と追い込まれた日曜日。
近所に買えるお店が無いので通販しなければならず、発送と受け取りの日数を考慮すると早めに注文するのが吉です。

それで、今使っているものは悪くは無いけどベストでも無く、なので新たに別商品を選んでおいていて、あとはその中から決めるだけです。

さて。。。どれにしよう。

何だか今回はやる気0なので、ちょっと高価なAという商品と、リーズナブルなBという商品のどちらか、という簡単2択。

これが躁の時なら最低3つは候補を選んだ上で
「ああっ!どれもも素敵で目移りしちゃう!でも買えるのは一つだけよ!」
と楽しく迷いまくってタロットに「どっち!?」と聞くのですが、
今回は果てしなくモチベーションが低く、選択のアシストをお願いします。。。くらいの気持ち。。。まあ、こんな時もあるさ。

さあどーれだ、とタロットをもったりシャッフルして、出た結果がこちら。

【ややお高めのA】
ペンタクルの8:逆位置
ワンドのペイジ:正位置
カップの騎士:逆位置

ダメみたいですね。。。

まずはペンタクルの8。逆位置。無駄な努力。徒労。

無駄な努力。。。!

前もそうだった。
前もちょっとお高い(当社比)ボディローションを買おうとしてタロットに聞いたら、
「無駄無駄無駄ァ!」と出て、いいから安いのを買いなさい、と言われたんだった。。。
高級品は私には過ぎた物だということか。
そうですか。そうですよね。

そしてワンドのペイジは信頼や忠誠の意味。
詐欺商品を除き、化粧品の効果は値段に比例するものなので(化粧品に限らずですが)、
高いんだからそれなりに良いでしょ、と思っている私の気持ちかな。

さて、最後のカップの騎士、逆位置。ですが。

冷静、不正、見かけ倒し。

おお、もう。。。

つまり纏めると、お高い品は私には分相応。
更に、高いんだから良いものに決まってる!と思い込んで買ったものの実際に使ってみると微妙。。。という結果になるようです。

やめといた方が良さそうですね\(^o^)/

さて、気を取り直して、やっすい方のB商品を見てみよう。

【リーズナブルなB商品】
ソードのペイジ:正位置
ソードの6:逆位置
ソードの8:正位置

また安い方を絶賛オススメしてくるのか私のタロットは。

と、一瞬白目になりかけたものの、心を強く持って結果を見ていくことにします。
まずソードのペイジ。正直な気持ちや頭を使う、あとは慎重だったり堅実という意味。
今回は、慎重や堅実といったところでしょうね。
安いのに越したことは無いね!失敗してもダメージが最小限で済むし!

そしてソードの6は、憂鬱とか旅行、傷ついた時点からの回復といった意味。
でも逆位置なので、活力、高揚や楽しみ、といった、楽しげな感じになります。
よ、良さそう。。。これは使用感が頗る良いのかもしれない。。。

そして束縛のソードの8。
一見不穏に見えるカードですが、これは。。。

良すぎてもうこれしかないっ!これ以外考えられないっ!

と、ご執心してしまう感じか。

よし、決まった。

ポチッとな☆をして、あとは届くのを待つばかり。
なんだかんだやる気が無くても、新しい化粧品を試すのは、いつだってテンションが上がりますね。

早く来ないかなー(*´∀`)♪

またカップ!

日課のワンオラクルタロットで、
月曜日にカップのナイトが出て、今日はカップの王が正位置で出ました。

何だか最近カップのカードが続いているような。。。?
一時期ペンタクルのカードがよく出ていた時があったんだけど、カップとは。
愛が足りていないのかしらん。

昨日のカップのナイトは逆位置だったので、とりあえず帰宅してから実家に電話して、
やあやあ元気?と両親の近況を伺ったりしてみたところ、
今日の王様は正位置で出ました。

何でも言葉にすりゃいいってもんじゃないですが、
個人的には、気持ちは言わなきゃ伝わらない派でして。
特に、相手を心配したり気遣ったりする言葉は積極的に口に出した方が良いと思います。

行動で示せる場合は口にしなくても伝わるかもしれませんが、
それがままならないなら言っとくべき。
常に感謝してる、常に気にかけている、と思っていても、相手には伝わってない事の方が多いです。

一言でもあると、全然違ってきたりするしね(^-^)/

広告を非表示にする

覆水盆に還らず

湾岸戦争に関係する本を読んでいる関係で、休日の映画鑑賞は湾岸戦争関連の映画を借りよう!
と意気込んでお店に行きました。

予め関連映画を調べて「ガルフ・ウォー」という作品が、私の知りたい部分を主題にしているようだったので、戦争映画コーナーで探したのですが。。。なかった(泣)
しぶしぶ、次点の「ジャー・ヘッド」を借りたのですが。
この映画、残念映画だとの噂を聞いたことがあるので薄々不安。
残念な理由が「戦争映画なのに戦闘シーンが極端に少ない」という所なのだとしたら、
湾岸戦争自体がハイテク戦で、開戦から終結まで短期間だったこと、
戦争の規模に対してアメリカ軍側の戦死者が80人前後と小数(命に多いも少ないも無いですが...)だったこと、
という事実に則しているので、その点は折り込み済なのですけれども。

もともと戦争映画は苦手で、「アメリカン・スナイパー」と「ハートロッカー」、「戦場のピアニスト」...は戦争映画とは違うのかな?
とにかくその辺りしか観たことが無いので、戦闘シーンが少ないのは個人的には問題なしです。
元々観たかった「ガルフ・ウォー」も、湾岸戦争症候群という、戦後に起こった問題を主題にしている作品っぽかったので観たかったのですが。。。お店に無いなら仕方ないなぁ。

前置きが長くなりましたが、今日のワンオラクルタロットは「カップの5」正位置。

失望や喪失、後悔といった意味です。
小さな失望や喪失感は、誰しもがしばしば感じる事だと思います。
何でも思い通りになれば良いけど、そうならない事の方が多いのが世の中ですね。

でも、それは本当に不幸せなことなのかしら?
というのがカップの5のカードです。
カードには倒れて中身が零れた3個のカップを前に、項垂れている男性の絵が描かれています。
まさに覆水盆に還らず。
けれど、その男性の後ろには、まだ倒れていない2つのカップが描かれているのです。

今はまだ、喪ったものの悲しみに心を奪われていて、背後のカップに気づけないかもしれません。
でも、何かを喪ってしまっても必ず希望は残されている、という、案外ポジティブなメッセージのあるカードです。
一見、失敗してしまったと思えることでも、視点を変えれば得られるものがちゃんとあるよ!とも読めますね。

私の場合、本命の映画を借りられず、残念と噂される作品を借りることになりましたが、
観てみれば面白いかもしれないし、知りたいと思っていた事とは違っていても、また別の視野を得ることが出来るかもしれませんし。

よし!明日も気合いを入れて映画鑑賞するぞー!

広告を非表示にする

ことものきもち

週末だけど明日も仕事かぁ。。。
と花粉症でぼんやりした頭で買い物をしていた時でした。

あら○○さん
まあこれはどうも

と目の前で頭を下げあう子供連れの若い女性と年配の女性。

買い物中に知人に合うと、ちょっと気まずい。。。

と、ぼーっとしながら通りすぎようとしたら、
若い女性と一緒にいた子供達が

「おともだち!?」
「ねえ!おともだち!?」

と可愛い声で叫びだして、ちょっとほんわか。

おともだち!?って可愛いなぁ。
雰囲気からして友達ではないと、大人には判るんだけど、
チビちゃん達には、にこやかに挨拶しあう様子が、ママのおともだち!に見えたんだろうなぁ。
はあ。。。なんか癒される。。。

そんな事があった今日のワンオラクルタロットは、ソードのペイジ。逆位置。
ペイジのカードは子供の意味ですね。
王子の役を振っているカードが多いのかな。
従者の場合もありますね。
私の使っているカードは幼い姫君です。
正位置だと、頭脳明晰で正直で公平、諦めない心、という意味。
ただ、子供のカードなので、ちょっと空気が読めないというか、
大人のように建前やお愛想で場の雰囲気を見て取り繕うような事が出来ない、
とも取れるカードです。

まあ逆位置なので、良くも悪くも世間ずれした大人らしい態度や考え方、になるのかな。

それ間違っているよ、そういうのは良くないよ、と言いたい時も、
立場や体面を取り繕うために口を噤んでしまったり。。。

何が正しく、何が尊いのかと、子供の頃から教えられてきたはずなのに、
それが常に実行できない、むしろ実行してしまうと、面倒臭い奴だとか扱いにくい奴だというレッテルを貼られてしまうこともあるのが世の中。

常に正しいと思うことを貫ける世界なら良いのですけれどね。

広告を非表示にする